インシデント管理ツールとはどんなものか

システム運用をする現場で素早くトラブルを解消するためにインシデント管理が重要になります。そこで使用されるのがインシデント管理ツールです。インシデント管理ツールは組織で発生したインシデントを記録し、やり取りして追跡できるシステムを指します。インシデント管理はシステムの運用の品質向上をするためにも継続的な改善が必要であり、組織で取り組む事でもあります。インシデント管理をするには、管理ツールを導入し、業務ルールを作成します。そして関係者への教育も必要になってきます。インシデント管理をする上で記録と共有は最も重要な事になります。インシデント管理ツールは現場で使用する際の使いやすさと変化に対して柔軟な対応ができる事が重要になってきます。インシデント管理ツールはコストを削減してプロセスを改善し、将来発生するかもしれないインシデントを未然に防ぐのにも役立ちます。

インシデント管理ツールをより上手く使うには

インシデント管理ツールの使い方に慣れる事ができればルーチンワークのような作業をこなせるようになるかもしれません。インシデント管理の役割を理解していないとインシデント管理と関係のない案件が混ざっていたとしても気付かないという事に繋がるかもしれません。そうならない為にインシデント管理について理解が必要です。業務上のシステムトラブルなどといった、サービス提供ができない状態や通常以外の要望、改善提案などがインシデントにあたります。インシデントは管理簿に記入する事で運営者の間で共有する必要があります。注意する必要があるのはインシデント管理の迅速対応が本質なのでユーザーからの要望やトラブルといったクレームなどに対応し最小限のサービスの中断で抑えるためのもので問題の根本解決ではありませんがビジネスなどへの影響を最低限に抑えます。

インシデント管理ツールの様々な種類

インシデント管理ツールには様々な種類があり、各種類に特性などもあります。大企業向けの場合、個別管理している情報を統合、一元化する事で活用効率や情報の透明性など、企業でのコンプライアンス対応やリスク管理を支援します。コンプライアンス対応やリスク管理に関連する活動を統合し、優先度に基づく統合的な管理を実施したい企業向けです。大企業や中小企業向けの場合、インシデント管理を始め問題管理やサービス要求管理、変更管理などを備えたツールがあります。手間をかけず業務の品質向上したい企業や、教務にかかるコスト削減をしたい企業向けでもあります。他にも大企業や中堅企業向けとしてクラウド型のマネジメントでインシデント管理やイベント管理、問題管理などを備えたツールもあります。品質向上が課題のような企業向けであり、運用やコストがハードルとなってシステム導入を諦めていた企業向けでもあります。

社内サポートデスクやITサービスデスク、インシデント管理などの業務を見える化できる。 IT部門のサービスデスク担当者向けには、業務プロセスや状態のステータス管理が有効。 SaaSならではの多彩なサービスプランがあり、利用規模に沿ったサービス提供が可能です。 西日本や九州での導入実績も多数ありますので安心して任せることが出来ます。 インシデント管理ツールはIT専門SmartStageでお任せ