使うことで業務改善するインシデント管理ツール

インシデントとは、問題やミスのことです。インシデントへの対策が不完全であれば、アクシデントにつながってしまいます。そうならないためにもぜひ、インシデント管理ツールを活用していきましょう。インシデント管理の主な流れは、1.報告、2.分析、3.対策、4.評価となります。このインシデント管理の主な目的は、インシデントのアクシデントに発展を防ぐこと、同じようなインシデントが再発してしまわないようにすることです。もしかすると既にインシデント管理ツールとして、Excelを使っている方も多くいらっしゃるかもしれません。ですが、インシデント管理ツールは様々な種類が発表されていますので、用途や目的、予算に合ったものを選んで作業効率をさらに上げて、トラブル回避を目指しましょう。

無料で使えるインシデント管理ツール

インシデント管理ツールは様々な種類が発表されているとお伝えしましたが、フリーのツールも多く配信されているので、インシデント管理を始めてみたいという方や予算を割けない方には、フリーソフト、オープンソースのものを使ってみることをお勧めします。たとえば、オープンソースのインシデント管理ツールであれば、シンプルなデザインで使いやすく、共有も簡単です。また、国産のwebデータベースツールなので、動作も早いです。5名までは無料で共有作業できるインシデント管理ツールは、クラウド上での保管や、一日4回の自動保存などが魅力的です。今回は二種類の紹介のみとしましたが、この二種類のほかにも多種多様なツールが発表されているので、自分に合ったものをいろいろと試してみるといいでしょう。

インシデント管理ツールに重要なこと

インシデント管理ツールは、様々な観点から評価することができます。トラブル回避のために、目的や内容にあったツールを見つけることがとても大事だといえるでしょう。まず、インシデント管理は複数の人数で共有して作業をすることが多いため、多くの人が使い慣れているツールであれば、運用もスムーズです。この点においては、Excelが魅力的です。ほかにも、インシデント管理をする際にはツールを複数人で共有するので、だれが見ても見やすい形態を作れることが重要となるでしょう。また、動作が早ければ早いほど、ストレスなく仕事を進められるため、万人向けとなりますね。このように、インシデント管理ツールを選ぶ際は、様々な要素で比べることができるので、多くの観点から最も適したツールを取り入れましょう。